贈与税は相続税を補完する役割もある

色々な節税対策があります。そもそも何故課税されるのでしょうか。

久しぶりに朝から雨が降っています。
今日は行楽日和とはいかないですね。

“贈与税は相続税を補完する役割もある”の詳細は »

年度が新しくなり、気分も変わります。

3月から4月になり、フレッシュな顔をよく見ます。皆良い表情をしています。

2014年度もおわり2015年度が始まりました。
電車に乗っているだけでもフレッシュな感じを受けます。


“年度が新しくなり、気分も変わります。”の詳細は »

国も相続のときまで財産を持っていて欲しくないのだ

子どもの世代に財産を移転させて、消費を促すために贈与を相続のときにまとめて清算する仕組みだ

国税庁のホームページによれば、贈与税額の計算はこうだ。相続時精算課税の適用を受ける贈与財産については、下の通りです。
“国も相続のときまで財産を持っていて欲しくないのだ”の詳細は »

相続の手続きはお早めにしましょうね

相続がおきた際、「何をしたらいいかわからない」とおっしゃる方がほとんどです。 ですが、わからないからといって放っておくと、ゆくゆく、払わなくてよかったものを払うことになる場合もあります。

先日ご相談をいただいたお客様のお話です。
奥様を亡くされて早2年近く…手続きも何もしていないとのことです。

必要な書類を収集し、亡くなられた奥様の相続人と財産内容を調査したところ、
相続税を払う必要があることが発覚しました。
“相続の手続きはお早めにしましょうね”の詳細は »

相続の時に精算して課税する仕組みと計算の注意点

相続時精算課税を選択しようとする受贈者は、気を付けることがあります

国税庁のHPから相続時精算課税を計算するにあたっての注意点を整理しておきましょう。もし、贈与財産の価格が上記の非課税金額を超えた場合には、通常の贈与税の税率と異なり、超えた金額に20%の贈与税が課せられます。
“相続の時に精算して課税する仕組みと計算の注意点”の詳細は »

相続や贈与税とはどんな制度なのでしょうか

課税遺産総額に法定相続人それぞれの法定相続分をかけますよ

贈与税は、生きている人の財産を他の誰かが譲り受けたときに譲り受けた人に対してかかる税金のことです。
“相続や贈与税とはどんな制度なのでしょうか”の詳細は »

高価なのでよく聞かれるのが相続のときの不動産の評価

被相続人の配偶者に対して一定の 金額までは配偶者に相続税はかからないという制度

相続税の評価額とはどのようなものでしょうか?相続するにあたって、現金以外のものは評価をしなければその価値がわかりません。例えば借地権の設定、不動産の購入、アパート・マンション、土地など。
“高価なのでよく聞かれるのが相続のときの不動産の評価”の詳細は »